先生

給食指導で本当に大切なことは「楽しく」だった?!完食主義から解放されよう!

どうもガクせんです。

 

子どもも先生も楽しみにしている給食の時間

 

しかし、多くの先生は

先生
先生
給食は残させないほうがいいのかな?

先生
先生
無理に食べさせるのもあれだし・・・。おしゃべりばっかりで時間内に食べ終わらないし・・・。

 

と悩んでいるのではないでしょうか。

 

実際に、ボク自身も若手の頃は給食指導に右往左往していました。

 

何が正解なのか分からず、先輩の真似をしてみたり、無思考に先輩に言われた通りにやってみたりといろいろ試してきました。

 

そんな中、失敗を繰り返しながらも、学び続けた結果、給食指導で大切なことが見えてきました。

 

その答えは

みんなで楽しく食べる!

です!

Gyuさん
Gyuさん
ワオ!シンプル!

 

では、なぜ「みんなで楽しく食べる」ことが給食指導において大切なのか、ボクの失敗談なども織り交ぜながら詳しく解説していきます。

 

この記事を読むと

  • 楽しく食べることの良さがわかる。
  • 給食指導に自信がもてるようになる。

 

それではまいりましょう!

 

ボクの給食指導失敗談

今、ボクの給食指導の歴史をふり返ると、信じられない指導をしていた時期があったなと反省させられます・・・。

 

では、どんな指導をしていたのか、そして、その指導に至った背景にはどんな感情があったのかについて赤裸々にお話します。

 

昔のボクの失敗給食指導

お恥ずかしい話ですが、ボクが若い頃にやっていたとんでもない給食指導を紹介します。

  • 残すの禁止。
  • 食べ終わるまで休み時間無し。
  • 嫌いなものでも半分以上は減らさせない。
  • おしゃべり禁止タイムを勝手に設定。
  • おしゃべりした人にイエローカードを出す。
  • 食管が空になるまでこちそうさまをさせない。
 

いやー本当にひどい・・・。

 

昔に戻って子ども達に謝りたい・・・。

 

ガクせん
ガクせん
今思えば、本当に子どもたちに申し訳ないことをしたなという気持ちでいっぱいなのですが、当時のボクは良かれと思い大真面目にやっていました。

 

では、次はなぜこのような指導に至ってしまったのかについて考察していきます。

 

失敗指導の背景

上記のようなボクの良くない給食指導に至った背景には、「完食主義」という罠にハマってしまっていたからです。

完食主義とは、完食させることを何よりも優先するという考え方

なぜこのような考え方にボクがいたってしまったのか。

 

それは、ボクの頭の中に

「残食が多いクラスは良くないクラス」

「残食が多いと同僚や管理職から注意をうける」

「残食が多いと指導力不足だと思われる」

という固定観念があったからです。

 

当時、上記のような風潮が、学校内に強くあったことも事実です。

 

ガクせん
ガクせん
未だに、そのような風潮が根強く残っている学校も実際あるんではないでしょうか。

 

失敗指導の結果

そのような指導を続けた結果

  • クラスの雰囲気がギスギスするようになった。
  • 叱ることが多くなり、給食の時間が子どもも先生も苦しい時間になってしまった。
  • 子どもが好き嫌いを克服することはなかった。

Gyuさん
Gyuさん
ええことないなー。

 

確かに、完食を目指せば、その時、その場での残食は確かに減るかもしれません。

 

しかし、本当に大切なことはそこ(完食主義)にはない。そのことを子どもたちの姿から教えてもらいました。

 

完食主義からマインドチェンジ

「完食させることは重要ではない!」とやっとのこと気づいたボクは、1から食育について学び始めました。

 

そして、自分なりに試行錯誤をしながら、より良い給食指導を実現していきました。

 

改善後のボクの給食指導

なんとか完食主義の罠から抜け出すことができたボクの給食指導はこちら↓

  • 食べるもの、食べる量は子どもが自分の責任で決める。
  • 苦手なものがあってもOK 子どものがんばりを認める。
  • おしゃべりしながら楽しんで食べることを推奨する。

そう、ボクは完食主義(大人都合中心)から食を楽しむ(子どもの支援中心)ということにシフトしたのです。

 

Gyuさん
Gyuさん
でも、そんなことしたら好き嫌い治らへんやないかい!もちろん残食も多くなるやろうし、それでええんかいな!

ガクせん
ガクせん
大丈夫!ちゃんと科学的な裏付けもあるんだよ。

 

 

完食主義に違和感を感じ、食育のことを色々調べた結果、意外な事実が分かってきたのです↓

  1. 笑顔で食べると人は食べ物を美味しく感じる
  2. 逆にしかめっ面で食べると苦味が強くなる
  3. 苦手な物も誰かが美味しそうに食べている姿を見ると、チャレンジしようとする気持ちが起こる。
  4. 強制で好き嫌いは5%しか改善しない(むしろトラウマになり逆効果)
  5. 食事中はコミュニケーションが円滑になり、良い関係づくりに役立つ

ガクせん
ガクせん
ちなみに、大人になって好き嫌いがなくなった理由の1位は「成長にともなって」2位は「大人や友達のマネ」です。

Gyuさん
Gyuさん
完食させることは明らかに間違いやったんやね・・・。

引用:ウワサの保護者会

 

ということで、ボクは「長期的な子どもの成長」という視野に立ち食を楽しむ!ということを前提に指導のマインドを変えました。

 

もちろん、栄養バランスの大切さ、好き嫌いを無くすためのテクニックなど必要な情報を提供することは忘れません。

 

しかし、ボクたち大人ができるのはこの情報の提供まで、食べるか食べないかを決めるのは本人の問題なのです。

 

そこ(食べるか食べないか)には踏み込まないように気をつけました。

 

アドラー心理学でいうところの「課題の分離」というものです。

詳しく知りたい方はこちらの本がオススメ↓

 

アドラー心理学関連の記事はこちら↓

 

給食指導改善の結果

辛抱強くこの「楽しく食べる」ベースの指導を続けた結果↓

  • 給食の時間が笑顔いっぱいで楽しい時間になった。
  • 子どもたちが元気にモリモリ食べるようになった。
  • 嫌いなものにもチャレンジする子が出てきた。
  • 褒めることが多くなり、子どもも先生もwin-winな関係になった。

他にもたくさんのメリットがありましたが、何より、子どもたちが何の不安もなく給食の時間を心から楽しめていたのが嬉しかったです。

ガクせん
ガクせん
音楽なんかもかけてあげると楽しい雰囲気づくりに役立ちますよ[

 

まとめ

ボクの失敗談をもとに、給食指導の考え方について解説してきましたがいかがだったでしょうか。

まとめると

まとめ

  • 子どもベースで考えること(大人ベースは❌)
  • しっかりとエビデンスを集めること(感覚のみに頼る指導は❌)

結果、給食は「楽しく食べる」ことが一番!

ということです。

 

また、「長期的な視点で子どもたちの成長を考える」というのはどの分野においてもとーっても大切なことです。

 

教育の世界には、大人の都合で子どもの成長を急かしてしまうことがざらにあります。

 

それは、本当に子どものためになるの?大人の都合が優先されていない?と冷静な目で物事を見つめ直すことが大切です。

 

先生も子どもも、楽しい給食時間を共有しながら幸せな学校生活が送れることを願っています。

 

ガクせん
ガクせん
以上、ガクせんでした。

Gyuさん
Gyuさん
またねー。