先生

帰りの会どうしてる?帰りの会のやり方解説!帰りの会はシンプル is ベスト!

どうもガクせんです。

 

過去記事で朝の会のやり方について解説しましたが、帰りの会のやり方も教えてほしいという声があったので、今回は帰りの会について解説させていただきます。

ガクせん
ガクせん
若手の先生は、本当にわからないことが多く苦しんでいることと思います。少しでも力になれたら嬉しいです。
Gyuさん
Gyuさん
ガクせんも若い頃は、ストレスでげっそりしとったもんな

 

ちなみに朝の会のやり方はこちらから↓

朝の会どうしてる?科学的に効果のある朝の会のやり方について解説どうもガクせんです。 これは、ボクが初任の時にまず感じた疑問です。 それから10以上かけながら、ボク...

 

ボクは、朝の会にはかなり時間をかけていました。

 

しかし

 

一方、帰りの会はとってもシンプル!

 

いろいろ試してきてボクが「必要だ!」と感じたもの以外は全て削ぎ落としました。(笑)

 

では、「なぜシンプルにしたのか」、そして「ボクが必要だと感じたものは何なのか」について解説していきたいと思います。

 

この記事を読むことで

ガクせん流の帰りの会のやり方が分かる

 

ボクがやっていた帰りの会の中身

ボクの帰りの会の目次はこちら↓

Gyuさん
Gyuさん
よくあるパターンやないかい
ガクせん
ガクせん
そうそう。でも、いろいろ試してきた結果こうなったんでよね。

 

なぜシンプルになったの?

ボクも教員になって間もない頃は、何も分からず不安で不安で・・・。

 

いろいろなノウハウをとにかく集めまくっていました。

ガクせん
ガクせん
完全にノウハウコレクターでした。

 

そして、いろいろ試してみた結果・・・。

 

全てやめました(笑)

 

それはなぜか!

 

子どもは早く帰りたいから

です。

Gyuさん
Gyuさん
ワオ!答えもシンプル!

 

そうなんです。

 

朝の会は、じっくりやっても子どもたちは嫌がりません。

 

むしろ、楽しみにしていました。

 

しかし、帰りの会の時の子どもたちの頭の中と言えば

  • 「帰ったら何しようかな」
  • 「早くゲームしたい」
  • 「友達と約束しなきゃ」
  • 「塾の時間に間に合うかな」

など、放課後の予定のことで頭はいっぱい(笑)

 

なので、帰りの会でいろいろとこだわってやったところで、効果は半減どころかマイナスです。

 

無駄なことはしないに限ります!

 

そこで、ボクは上記のような予定に落ち着きました。

 

では、少し詳しく解説していきます。

 

帰りの会のやり方

  1. 先生の話
  2. お知らせ
  3. 明日の予定
  4. チェック
  5. 帰りのあいさつ

一つずつ解説していきますね。

 

①先生の話

ここでのポイントは、2つ!

  1. 短いこと
  2. ポジティブな内容であること

です。

マイナスなことを伝えければいけない場合は、なるべく次の日の朝にもちすことと良いです。

どんなにひどい1日でも、必ず1つはいいところがあるはずです。

 

そんな、よかったことを一言にまとめて子どもたちに伝えます。

  • 「友達に優しくしている姿がたくさん見られて先生は感心したよ」
  • 「掃除一生懸命頑張っていたから教室がピカピカで気持ちいいね」
  • 「授業中の集中力半端なかったね!みんなはすごい!」

など、とにかくプラスのことを短く直球で伝えましょう!

 

「終わりよければ全てよし」という言葉があるように、1日の終わりをプラスの言葉で締めくくることはとっても重要!

 

子どもたちが笑顔で帰れるように努めます。

ガクせん
ガクせん
また、時間がない時は「先生の話」はカットするようにしていました。

 

②お知らせ

お知らせでは、子どもたち同士で情報を伝え合います。

 

ボクの場合は、会社活動(係活動のようなもの)やリーダー活動がクラスの軸になっていたので、その会社からのお知らせがメインになっていました。

  • 「新聞会社からです。新しい新聞が発行されたので見てください」
  • 「レク会社からです。明日の中休みにドロケイをやるので赤白帽子を用意しておいてください」
  • 「給食リーダーからです。牛乳パックがきちんと開けていない人がいたので気をつけてください」

などです。

クラスが盛り上がる!子どもたちが主体的に動き出す!はじめよう会社活動 どうもガクせんです。 「クラスの子どもが全然楽しそうじゃない」 「子どもがいつも受け身になってしまってイキイキしていない...
当番活動の進化系!リーダー活動について解説!クラスが主体的に動き出す工夫どうもガクせんです。 と願っている先生のために、当番活動の進化系である「リーダー活動」について解説していきます。 ...

 

 

また

「ドアを開けたらちゃんと閉めてください」

など、個人個人からもクラスをよくするための呼びかけもここであったりします。

 

子どもたちから発信できる時間はとても貴重です。

 

③明日の予定

ここで、明日の予定を確認します。

 

特に、明日の持ち物などをここで最終確認してあげると、忘れ物防止になります。

 

先生としても、いろいろと伝え忘れを防げるのでオススメです。

ガクせん
ガクせん
ボクは、何度もこの時間に助けられました。

 

④チェック

ここで、窓の閉め忘れ、電気の消し忘れ、エアコンの消し忘れがないか、また、机が整っているかチェックします。

 

子どもたちの中から「給食袋を持ち帰り忘れてしまうので、チェック項目に入れてほしい」という声も上がり「給食袋」が追加されました。

 

サークル対話・クラス会議から生まれた!子どもの主体性を育てるクラスミーティングとは? こんにちは、ガクせんです。 突然ですが質問です。 この質問、過去の自分に投げかけたら苦笑いしてしまいそう...

 

⑤帰りのあいさつ

全てのチェックが終わったら、帰りのあいさつをします。

 

やっている方も多いと思いますが、ボクは、「さようなら」の後にジャンケンをしています。

「さようなら ジャン ケン ポン」

と言って、最後にみんなでジャンケンをすることで、笑顔でさようならができるのでオススメです。

 

たまに

「負けた人が勝ちね」

「先生に勝った人から帰ろう」

「今日は、日直さんとジャンケンしよう」

など、変化をつけてあげるのもありですね。

 

まとめ

帰りの会についてまとめてきましたがいかがだったでしょうか。

 

このように説明すると、「どこがシンプルやねん!」と内容が多かったように感じるかもしれませんが、やってみると早い時は3分もかからず終わります。

 

ボクも昔は、「今日のいいところ見つけ」や「今日のMVP」など、クラスのよかったところや、友達が頑張っていたところを発表させたり、「帰りの歌」と題して帰りの会で歌を歌ったりもしてきましたが、やはり最終的にはシンプルな物になっていきました。

ガクせん
ガクせん
もちろん、「いいところ見つけ」や歌なども効果はあるので、やってみたい人は、試してみるのもありです。

 

ポイントは

まとめ

帰りの会は、なるべく短く、笑顔で帰れる工夫をする。

です。

 

ぜひ、子どもたちが気持ちよく家に帰れるように帰りの会を工夫してみてください。

 

少しでも学校の先生の力になれてたら嬉しいです。

 

ガクせん
ガクせん
以上、ガクせんでしたー
Gyuさん
Gyuさん
またねー