先生

サークル対話・クラス会議から生まれた!子どもの主体性を育てるクラスミーティングとは?

こんにちは、ガクせんです。

 

突然ですが質問です。

  • クラスのルールを先生が決めていませんか?
  • 子どもたちが意見を出し合う機会を確保していますか?

 

この質問、過去の自分に投げかけたら苦笑いしてしまいそうです・・・。

 

何をかくそう教員生活前半期のボクと言えば

「あれはダメ」

「これはダメ」

「あれしなさい」

「これしなさい」

まるで、「俺がルールブックだ!」と言わんばかりの暴君ぶりでした・・・。

Gyuさん
Gyuさん
ひどいぞガクせん!

 

「統率することも先生の仕事」と勘違いしていたボクは痛い目にあうことに・・・。

 

そこらへんのことはこちらの記事で↓

 

これではダメだと学んだボクは、民主的なクラスをつくるために必死に学びました。

 

その中で、出会ったのがクラス会議」「サークル対話」という素敵な実践でした!

ガクせん
ガクせん
どちらも出会った瞬間にビビビときました!

 

その2つの実践を実際に試していったボクは、長い時間をかけてその二つのいいところを融合させながら自分なりの形をつくっていきました。

 

ボクはそれをクラスミーティングと呼んでいます。

 

そこで今回は

  1. 「クラス会議」「サークル対話」とは何か
  2. 「クラスミーティング」の具体的な実践

について解説していきます。

 

この記事を読むと

  • クラス会議やサークル対話とは何かがわかる
  • クラスミーティングの具体的な実践方法がわかる

 

ではまいりましょう!

 

「クラス会議」「サークル対話」って何?

まずは、ボクを救ってくれた「クラス会議」「サークル対話」について簡単に紹介していきます。

クラス会議

全員で円を作り,個人の出した議題について,全員が発言権を与えられ, 解決策を考える話し合い活動の一つ。

 

サークル対話

ドイツ生まれ、オランダ育ちのイエナプラン教育で行われている活動。全員でサークル(輪)をつくり対話する。時事サークル、読書サークル、哲学サークルなどがある。

 

どちらも似ている活動ですが、クラス会議は「問題解決」を目的におくのに対し、サークル対話は対話することそのものに重きをおいています。

 

イメージ的にはサークル対話の一部としてクラス会議がある感じです。

Gyuさん
Gyuさん
なるほど、どちらも円になって対話するっちゅーことやな。

 

もっと詳しく知りたい方は、どちらも書籍がたくさん出ていますので読んでみてください。

 

ちなみに、ボクは

クラス会議は、アドラー心理学の要素を取り入れた教育を提唱する赤坂信二先生の本で学ばせてもらいました。

 

サークル対話は、イエナプラン教育を日本に普及する活動を行っているリヒテルズ直子さんの本やDVDから学ばせてもらいました。

 

両方を学んだボクは、実際にクラスで取り入れていきました。

 

どちらも実践していく中で、「これは子どもたちにハマった!」という部分や「なかなか難しいな」という部分があり、紆余曲折しながら一つの形に落ち着いてきました。

 

それが、クラスミーティングです。

 

ガクせん
ガクせん
ここからはボクの具体的な実践を解説していきます。

 

クラスミーティングをする際のポイント

ボクはクラスミーティングの時間を毎日、朝の会の時間に設定していました。

 

クラスミーティングを取り入れる際のポイントは

とにかく、毎日時間を確保すること。

先生も含め、みんなが平等であるということ。

ということです。
 
Gyuさん
Gyuさん
先生も子どもも平等っていうのがええね。
 
 

どのように進めるの?

では、具体的なクラスミーティングの進め方について簡単に解説していきます。

  1. 司会者と黒板書記が前に出る。
  2. みんなで円(サークル)をつくり床に座る。
  3. 司会者が議題BOXに入っている議題カードを読み上げる。
  4. 議題について意見(アイデア)を出し合う。
  5. 出てきた意見(アイデア)に対しての意見を出し合う。
  6. まとめる意見を出し合う。
  7. 決定する。
  8. 決定した日から一週間をお試し期間とし、一週間後に試してみた感想を交流し、続けていくかどうか最終決定する。

といった流れです。

Gyuさん
Gyuさん
いまいちよくわからん!

ガクせん
ガクせん
ちゃんと詳しく解説していくから安心して。

 
 

①司会者と書記が前に出る

ボクの場合、司会者は基本その日の日直が担当し、誰もが経験できるようにしました。

 

書記は、希望者の中から輪番で担当すようにしました。

 

児童の実態によっては一週間ずつのように期間を決めて輪番で回してもいいですし、係活動や当番活動などの役割の中で司会者の役割をつくってもよいと思います。

 

その場合、誰もが経験できないというデメリットはありますが、長い期間同じ人が担当することで司会者としてのスキルが上がり、会がスムーズに進んでいくというメリットがあると思います。

Gyuさん
Gyuさん
何事も、子どもの実態をもとに考えていくのがええで。

 

 

②サークルをつくって(円になって)座る

ボクのクラスは基本、教室の真ん中が空いているような座席設定だったので、すぐに教室の真ん中にサークルをつくって座ることができました。

 

一般的な教室の場合だと、机を下げさせて座れる空間をつくるところから始まります。

 

ボクは司会者のとなりから出席番号順でサークルをつくるようにしていました。

椅子を用意して座った方が落ち着いて話し合えますが、ボクは椅子を用意するのが面倒だったのと、椅子の分のスペースを確保するのが難しい場合が多かったので床に座って行っていました。

 

③議題BOXに入っている議題カードを司会者が読む

誰でも、いつでも何かを提案できるように、クラス内に議題カードと議題カードを入れる議題BOXを用意しておきます。

ガクせん
ガクせん
一番上の段のお悩み相談カードとありがとうカードは今回解説しているクラスミーティングとは関係がないので気にしないでください。

 

一番下の段の用紙入れにはこのようなカードが入っています↓

このカードに記入したら真ん中の段に入れます。そして、毎朝日直が真ん中の段に入っているカードを確認して対話がスタートします。

 

議題カードには、クラス内で出てきた問題、困っていること、イベントの提案、個人的に悩んでいることなどを書き込めるようになっています。

 

今まで実際に出てきた議題をいくつか紹介すると、

  • 掃除をもっと効率的にやる方法について考えたい。
  • 嫌なあだ名で呼んでくる人がいて困っている。
  • 忘れ物を減らすアイデアがほしい。
  • 足が早くなるコツを教えてほしい。
  • クリスマスパーティーの内容について考えたい。

などなど、今までの経験の中でそれはもうたくさんの議題が出てきました。

ガクせん
ガクせん
個人的な悩みも相談できるところがとてもオススメです。

 

議題が無い時は、司会が対話のテーマを投げかけます。

  • 今日の朝食はなんですか?
  • 最近話題の○○についてどう思いますか?
  • 夢が一つ叶うなら何をお願いしますか?

などいろいろです。

 

トーキングカードもオススメです。

日直がお題を出すのに困っていたら使います。

  • 海と山どちらが好き?
  • クラスのいいところは?
  • 行くならどこの国にいきたい?

など、みんなが話し合いやすいお題が盛り沢山です。

④意見(アイデア)を出し合う

※議題が入っていた場合の解説に戻ります。

 

この時間は「意見をたくさん出す時間」です。

 

出てきた意見に対しては良い悪いなどの評価はせず、とにかくそれぞれの頭の中にある意見やアイデアをたくさん出すことが大切になります。

 

どんな意見(アイデア)でも、「多ければ、多いほど、良い決定に導いていける」ということ、「突拍子も無い意見から大きな価値が生まれることもある」ということを子ども達の中に浸透させていくことが大切です。

 

⑤意見に対して意見を出す

ここからは「出てきた意見に対して意見する時間」です。

 

たくさん出てきた意見(アイデア)に対して

「ここがすごく良いと感じた」

「○○な時はどうすればいいの?」

「○○は少し心配だな」

など、ここで初めて、出てきた意見に対していろいろな立場、いろいろな視点からブラッシュアップをかけていきます。

 

⑥まとめる意見を出す

次は「まとめる時間」です。

 

ブラッシュアップした意見をまとめていきます。

 

「この意見とこの意見は同じってことでいい?」

「この意見とこの意見を合わせて○○というのはどう?」

などまとめていきます。

 

上述した「意見に対する意見を出す」際に、まとめるような作業も同時に行われる場合も多くありました。

 

子どもの思考の流れに合わせることを優先して、「意見に対する意見の時間」と「まとめる時間」を明確に区別しなくてもいいと思います。

 

⑦決定する

いよいよ決定の時間です。

 

決定の流れとしては、次の2つになることが多かったです。

  1. まとめる時間の流れで満場一致となり決定まで辿り着く。
  2. 意見が分かれている場合は、多数決で試す優先順位を決める。

最後に、司会者が決定事項を発表し、A4の紙に書いて掲示します。

 

クラスのルールのような試してみなければ分からない内容の場合は、一週間お試し期間としてもうけ、一週間後のミーティングでやってみてどうだったか話し合います。

試してみてよければ、クラスのルールとして最終決定となります。

ガクせん
ガクせん
とにかく「試して確かめる」というマインドが大切です。

 

過去の問題と子どもたちが導き出した解決策をいくつか紹介します。

牛乳パックを開く場所が汚れやすいというお悩みに対してみんなが導き出した対策↓

机の下にほころがたまりやすいというお悩みの対策法↓

個人的なお悩み系では、出てきた意見の中から本人が選んで実行してみます↓

 

メリット(効果)

ボクが実際に取り組んできて感じた効果は以下のようなものです。

  • 先生の管理・統率ではなく、みんなで主体的にクラスをつくっていける。
  • みんなで決めたルールなので、ルールがクラス内に定着する。
  • なんでも相談できる雰囲気ができ、安心感がクラス内に生まれる。
  • クラスや友達の役に立つ経験が子どもの自己肯定感、所属感を高める。
  • 先生も提案できる。(一方的な押しつけ感がなくなる)
  • イベントなどみんなで楽しめる企画が増える。

など、たくさんのメリットを感じることができました。

 

ガクせん
ガクせん
「もうクラスミーティング無しでは、クラスを運営できない」と言っても過言ではないほどの効果でした。

 

 

デメリット

上述したようにメリット盛り沢山ですが、一つだけデメリットもありました。

 

それは、時間の確保が難しいということです。

 

慣れれば、5〜10分以内で終われるようになりますが、最初の方や議題内容によっては1時間目に食い込んでいくこともしばしば・・・

 

しかし、メリットの方がはるかに多いので、ボクは全然気にしていませんでしたが。(笑)

Gyuさん
Gyuさん
コラ!

 

まとめ

以上、クラスミーティングについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

 

子どもたちの自主性を育てるために欠かせない時間だと思います。

 

自信をもってオススメできる取組です。

 

これからも先生たちを応援し続けます!

ガクせん
ガクせん
以上、ガクせんでした!

Gyuさん
Gyuさん
またねー。