先生

学級経営にお悩みなら、教室環境を変えよ!色の効果で教室が変わる子どもが変わる!

どうもガクせんです。

 

先生
先生
子どもたちが落ち着かなくて・・・
先生
先生
いつもケンカがたえなくて・・・
先生
先生
子どもたちに活気が無いように感じる・・・

といった悩みを抱えている先生は多いのではないでしょうか。

 

そんな時は、教室環境を変えることがオススメ!

 

ポイントは色を効果的に使うことです。

 

今回は、カラーリストの佐々木仁美さん監修の本「本当の自分が分かる!人生が愉しくなる!色の心理学」を基に解説していきます。

 

価格も安く読みやすい本なので、気になる方はご一読ください。

 

この記事を読むことで
  • それぞれの色が与える影響がわかる。
  • 学級経営に役立つ教室環境がつくれるようになる。

 

ではまいりましょう!

 

色は人の心や行動に影響を与える

突然ですが質問です。

色が人の行動に大きな影響を与えているということを知っていますか?
Gyuさん
Gyuさん
そんなわけあるかい!、、、あ、、、ワシ赤を見ると突っ込みたくなるわ、、、。
ガクせん
ガクせん
そうそう、実は人も色から多大なる影響を受けているんだよね。

 

色が人の心や行動に影響を与えることは心理学的にも実証されており、実は色々な場面で活用されているのです。

たとえば

ラーメン屋はが多い

→赤を見ると食欲がます(売り上げアップ)

→赤は時間が長く感じる(お客の回転率アップ)

病院の待合室や工場はが多い

→青は時間が短く感じる(待たされている感覚が減る)(長時間働いている感覚が減る)

ガクせん
ガクせん
赤い部屋青い部屋では感じる温度も違います。蛇口の赤い方はお湯が出て、青い方は水が出るってなんとなく分かるのもそのせいかもですね。

 

このように、実はボクたちもさまざまな色の影響を受けて日々生活しているのです。

 

それを知っていれば、教室や子ども部屋の色をリメイクし、快適な空間をつくり出すことも可能なのです。

 

いつどんな色を取り入れる?

では、目的別にどんな色を取り入れれば効果的なのか解説していきます。

  1. やる気を出させたい時
  2. 勝負事などで士気を高めさせたい時
  3. 冬などで教室を温めたい時

 

橙(オレンジ)

  1. 前向きにしたい時
  2. 自己主張できるようにしたい時
  3. 陽気な気持ちにさせたい時

 

  1. 楽天的な雰囲気を出したい時
  2. 希望を与えたい時
  3. 楽しい気分にさせたい時

 

  1. リラックスさせたい時
  2. イライラをおさめたい時
  3. 協調性を高めたい時

 

  1. 平和な気持ちにさせたい時
  2. 冷静にさせたい時
  3. 癒しを与えたい時

 

ピンク

  1. 優しい気持ちにさせたい時
  2. 素直さを育てたい時
  3. 平和な気持ちにさせたい時

このように色には様々な効果があります。

 

「リラックスできる教室にしたいから緑色を教室に取り入れてみよう!」

「うちのクラスはケンカが多いからピンクを教室に取り入れてみよう!」

など、色の効果を教室に活用することはとてもよいと思います。

ガクせん
ガクせん
もちろん自分の生活にもオススメです。

 

ボクは、クラスのロッカーの上に芝生を引いたり、造花を飾ったりするなど緑を多くとり入れていました。

 

また、季節によって色のバランスを変えてみるのもありです。

 

まとめ

色の効果ついて解説してきましたがいかがだったでしょうか。

 

色のことを知れば知るほど、その効果の大きさに驚かされます。

 

ぜひ教室に色の効果を取り入れ、子どもも先生も豊かな学校生活を送ってください。

 

ガクせん
ガクせん
以上、ガクせんでした。
Gyuさん
Gyuさん
またねー。