先生

学級目標の決め方&活用の仕方解説!学級目標を効果的に使ってよいクラスをつくろう

どうもガクせんです。

今回は

  • 学級目標ってどうやって決めればいいの?
  • 学級目標をどうやって活用していけばいいの?

という二つの疑問についてボクの経験を基に解説してきます。

 

ボクは、1から学級目標の必要性を考え、少し変わった「決め方」「活用の仕方」をしていました。

ガクせん
ガクせん
この経験が、少しでもみなさんのお役に立てたら嬉しいです。

 

ここにボックスタイトルを入力
  1. 学級目標のもつ意味が分かる
  2. 子どもが気に入る学級目標の決め方が分かる
  3. 学級目標の効果的な活用方法が分かる

 

ではまいりましょう!

4年生以上の実践になります。

学級目標って必要?

Gyuさん
Gyuさん
おいおい!そこからかい!はよ決め方教えてや!
ガクせん
ガクせん
まあまあ、焦る気持ちは分かるけど、ここをしっかり考えておくことが大切なんだってば

 

正直、ボクがこのことについて考え始めたのは教員になって8年目のことでした。

Gyuさん
Gyuさん
おそ!
ガクせん
ガクせん
恥かしい話なんだけど、それまでは「決めるのが当たり前」「決めなくてはいけないもの」だと思っていたんだよ・・・

 

しかし、よくよく考えてみれば「学級目標を決めなければいけない!」なんていう決まりはどこにもないのですよね・・・

 

ようやくそのことに気づいたボクは

「学級目標ってなくてもいいんじゃない?」

「本当に必要なの?」

と考えはじめたのでした。

 

「クラスは、無作為に集まった子どもたちの集合体だから共通の目標をもたせることは必要!」という言い分もわかるけど、、、

 

「どんなクラスにしたい?」と子どもに投げかけても出てくる答えは毎年同じ・・・

「仲良のいいクラス」「いじめのないクラス」「明るく元気なクラス」などなど・・・

聞く前からもう出てくる答えはだいたい予測できます。

 

学級目標が決まったあとも

ガクせん
ガクせん
今の君たちは学級目標に近づけてるの!?学級目標をちゃんと意識して行動しなさい!

と叱る理由に使ってしまったり・・・

うーん・・・

 

 

そして、いろいろと考えた結果!

 

・・・・

 

でもやっぱり学級目標は必要!という答えになりました。

Gyuさん
Gyuさん
必要なんかーい!!

 

 

しかし、ボクが必要と考えた学級目標は、今までボクがイメージしていた「みんなの目標」という学級目標とは少し違い、「みんなの合言葉」としての学級目標という意味合いが強いです。

 

その理由は

・子どもたちがクラスに愛着をもてるようにしたい。

・子どもたちの所属感を育てたい

と思ったからです。

 

もう少し詳しく解説しますね。

アドラー心理学では、メンタルを安定させ人間が健全に成長していくためには、どこかに所属しているという実感が大切だと言われています。

 

その所属感を生み出す一つのアイテムとして学級目標はとても効果があると考えました。

 

このように、「なぜ学級目標が必要なのか」をしっかり考えておくとその後の作り方や活用の仕方にブレがなくなります。

では、ボクがどのように学級目標をつくっていったか解説していきます。

 

学級目標のつくり方

先ほど説明したように、学級目標をつくる目的は「所属感を育てること」でした。

そのことを踏まえてボクは次のように子どもたちと学級目標をつくっていきました。

 

その前に・・・

学級目標というと「目標」というニュアンスが強くなるので、子どもたちには学級シンボル」と呼ぶようにしていました。

ガクせん
ガクせん
まずはざっくりとですが、手順を説明します。

 

ファーストステップ「クラスを表す言葉を決める」

  1. 4月5月はとにかく子どもたちの良さを観察しながら楽しく過ごす。
  2. 6月あたりになったら「このクラスの良さ」「○年○組らしさ」についてみんなで話し合う。
  3. 「○年○組は           なクラス」とまとめる。(プラスな言葉でまとめる)

 

セカンドステップ(シンボルを決める)

  1. ファーストステップでできた言葉に合うシンボルをみんなで決める。 語呂合わせや意味などで考えるとアイディアが出やすいのでオススメ(例:個性豊かなクラス→色鉛筆 明るく元気なクラス→太陽 助け合えるクラス→ドルフィン など)※4組だったらドルフィン4(フォー)などクラスの数字をつけてもいいですね。
  2. シンボルを絵にする。(ゆるキャラ風またはロゴ風にするといろいろな場面で使いやすいのでオススメです。)※ぜひ子どもに描いてもらいましょう。
  1. これで完成!

 

ボクが受けもったクラスの学級目標(学級シンボル)の例を紹介すると

やきとり1本「個性が一つになるクラス」

※いろいろな具材(個性)が一本の串にまとまるやきとりのようなクラスという意味

1組だったので1本が合うということで「やきとり1本」と決まりました。

Gyuさん
Gyuさん
うまそうやな!

 

もう完全に「やきとり一本」が子どもたちの合言葉になっていました。

やきとりレンジャーというキャラクターも誕生し、とても愛されていました。

6年生だったのですが、最後は「やきとりー いっぽーーん!」とみんなで叫んでお別れしました。(笑)

全員一生忘れないほど子どもたちの中に浸透してたと思います。たぶん(笑)

 

きつつき5「ずながよいクラス」

※きずなの「」とつよいの「」を使って「つつ

5組の5(ファイブ)をつけて「きつつき5」になりました。

クラスにきつつきのぬいぐるみも来ました。

このように動物系の学級目標(学級シンボル)だといろいろと活用しやすいですね。

Gyuさん
Gyuさん
Gyuさんもよろしく頼むで!

おまけとしては、クラスソングやクラスダンスをつくっても面白いですね。

できればシンボルに合う歌があればベストです。

花系のシンボルなら「世界に一つだけの花」などオススメ

 

学級目標の活用方法

上述したように目標というニュアンスは好きではなかったので、「こうなろう」「この目標を目指していこう」というような学級目標の使い方は一切しませんでした。

とにかく「うちのクラスはこれだよね!」というみんなの合言葉的なものになること、子どもがクラスに愛着をもてることを大切にしながら学級目標(学級シンボル)を活用していくのです。

 

なので、とにかくいろいろなところで使っていきましょう。

例えば

朝の会の名前→(例)きつつき5の会

クラス集会の名前→(例)きつつき5パーティー

学級通信の名前→(例)きつつき5通信

などなど、使えるところはたーくさんあります。

 

シンボルの絵(クラスキャラクターやクラスロゴ)もどんどん使っていきましょう。

 

単純接触効果といいますが、とにかくたくさん触れることで好感度がアップしていきます。

 

そうすると、私は「○○(学級シンボル)の一員だ」という仲間意識や所属感がどんどん強くなってきます。

学年が終わるときにはみんな自分のクラスが大好きになっているはずです。

 

まとめ

以上、学級目標(学級シンボル)のつくり方と活用方法について解説してきましたがいかがだったでしょうか。

 

まとめると

まとめ

学級目標は目標ではなく、みんなの合言葉

でした。

 

学級目標を目標ではなく、子どもたちの所属感として活用していくことには賛否両論あると思います。

 

しかし、ボクの経験では、学級の目標として学級目標を決めることは子どもたちが求めてこない限り、先生の自己満足、義務感にすぎないということです。

 

それよりも、子どもがクラスに所属感を感じ、愛着を感じるシンボルとして活用した方が子どものためになると感じました。活用もしやすいです。

 

一つの考えとして参考になれば嬉しいです。

ガクせん
ガクせん
子どもと一緒にみんなが気に入る合言葉を決められることを願っています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

子どもも先生も幸せな学校生活が送れるようこれからも情報を発信し続けます。

以上、ガクせんでしたー!

Gyuさん
Gyuさん
またねー